1. ホーム
  2. ブック
  3. 詳細情報

ブック

ブック

国史跡 慈恩寺 案内パンフレット

カテゴリ:文化・歴史

発行日:2015年08月

※2017年3月22日より、電子書籍の閲覧方法をFLASH形式からHTML5形式に変更しました。

  • 寺伝によれば、奈良時代、諸国巡錫の僧行基がこの地の景勝を聖武帝に奏上、勅命によりバラモン僧正が開基したと伝わる古刹。
    檀家を持たず、「鎮護国家」「国家安寧」等の勅願寺として、摂関家藤原氏、奥州藤原氏、寒河江荘大江氏、山形城主最上氏、そして江戸府と、時の権力者より庇護されてきました。
    江戸時代には幕府より2800石余の寺領を受け、東北随一の巨刹となりました。
    宗派は、南都の法相が入り、平安仏教の天台・真言が入るなどし、現在は天台宗真言宗兼学の一山寺院となっています。
    境内には、重要文化財の本堂をはじめ三重塔・薬師堂などが建立され厳かに時を刻んでいます。
    平安・鎌倉時代の仏像群は、我が国の仏教美術の至宝として重要文化財の指定を受け、また、5月5日に奉奏される慈恩寺舞楽は、重要無形民俗文化財となっています。
    平成26年10月に慈恩寺旧境内を含むエリアが国史跡として指定されました。
  • 詳しくはホームページをご覧ください

    http://www.honzan-jionji.jp/