1. ホーム
  2. ブック
  3. 詳細情報

ブック

ブック

おすすめ

梅林と孟宗の里 湯田川温泉

カテゴリ:宿泊・温泉

発行日:-

※2017年3月22日より、電子書籍の閲覧方法をFLASH形式からHTML5形式に変更しました。

  • 湯田川温泉観光協会が発行している案内パンフレットです。
  • ◎千年を超える湯の歴史
    712年(約1300年前)、傷を負った一羽の白鷺が葦原に降り、そこに湧いていた湯で傷を癒したと言われています。そのため昔は「白鷺の湯」と呼ばれていました。
    古都鶴岡の奥座敷と呼ばれる湯田川温泉は、庄内三名湯のひとつに数えられ、豊かな自然と人情味あふれる湯の里として知られております。

    ◎湯治に最適な良質の湯
    浴槽での温度は40~41度。熱すぎずゆっくりと御入浴いただけるほどよい温度です。
    温泉水に含まれている硫酸イオン(化学式)は、体内に酸素を取り込む作用や脳波のアルファ波を沢山ひき出す作用があり、身も心もリフレッシュします。浴室内には、硫酸イオンがたちこめています。

    <主な掲載内容>
    ・文人墨客の愛した湯田川
    ・孟宗料理
    ・味覚探訪 湯田川の旬
    ・開湯1300年 湯田川温泉散策マップ
  • 詳しくはホームページをご覧ください

    http://www.yutagawaonsen.com/